腸内環境が加齢臭の原因って本当?

腸内環境が悪くなれば体臭が酷くなると言われていますが、加齢臭との関係性はどうなのでしょうか。これから加齢臭と腸内環境について紹介していきます。

 腸内環境と体臭の関係

腹痛

腸の働きは食べ物を消化して栄養を吸収する事です。そして体調を整える役割も果たしています。腸の中には善玉菌と悪玉菌が共存しているのですが、善玉菌はビフィズス菌や乳酸菌と言われる菌。それに対して悪玉菌とはウェルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌と呼ばれています。

この善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いをしていて、体調の良い時は善玉菌が多くなっている事が多い様です。だからヨーグルトなどを摂取してビフィズス菌を蓄えると体調がよくなると言われているのですね。

一方食生活の乱れや過度のストレスなどにより悪玉菌が増えた時は、体調が悪くなりやすい様です。悪玉菌は発がん物質を出したり、食べ物のカスを分解して悪臭を放つ要因になるので、きちんとした生活習慣を心がけて善玉菌が多い状態をキープする様にしましょう。

悪玉菌と加齢臭の関係

臭い2

悪玉菌が増えたら体臭が酷くなります。これは食べカスを分解する際に悪臭を放つ事が原因なのですが、その悪臭が体内に吸収され、血液を介して体臭として発せられているとされています。という事は加齢臭は脂肪や脂肪酸が酸化され、ノネナールが生成されて発せられる臭いなので、臭いの発生経路は別なのです。

確かに腸内環境が悪くなると体臭は酷くなりますが、加齢臭とはまた別の臭いという事ですね。従って腸内環境と加齢臭にはあまり関係はありません。ただし、加齢臭だろうと腸由来の悪臭だろうと臭い事にはかわりありませんし、臭いに明確な線引きをする事も難しいですので、体臭をケアするという意味でも腸内環境は整えた方がいい事は明らかだと思います。

悪玉菌が増えた状態で放置する事は体調にとってもよくない事ですしね。善玉菌や食物繊維を多く摂り、腸内を綺麗に保つ様心がけましょう。

 腸内環境を整えるには

腹筋

腸内に悪玉菌が増える理由は生活習慣の乱れや、腹筋の衰えが原因です。実は腸を活発に動かすためには腹筋が重要だから若い間は腹筋がしっかりしているため、腸が活発に働きやすくあまり体調が悪くなる事が少ないのですね。

結局のところ腸内環境が悪くなる理由の一つに加齢(老い)も大きく影響しているのです。生活習慣を見直す事と腹筋を鍛える事で、腸由来の悪臭を改善する事は、実は加齢臭の対策にもなるという事には驚きですね。

Categories: 加齢臭

コメントを残す