お酒は加齢臭の原因となる飲み物

40歳前後の働き盛りの男性には大きなストレスがかかっている事が多いです。ストレスがあるだけで加齢臭が出てくる可能性があるのに加えて、上司やお客さんとの付き合いでお酒を飲みに行くこともしばしば…加齢臭と飲み物について紹介いたします。

加齢臭に悪い飲み物

お酒

実はアルコールは加齢臭を酷くします。ビール等が特にそうなのですが、お酒にはアルコールと共に多くの糖分が含まれており、このアルコールと糖分が体内の脂肪酸を酸化させるのです。その結果加齢臭の原因物質であるノネナールが生成されますので、アルコールの飲み過ぎには注意しましょう。

また、市販されている缶コーヒーなども飲みすぎると加齢臭に結びつく様です。缶コーヒーには多量の糖が入っており、さらにミルクが入っている缶コーヒーの場合、砂糖と脂肪を一気に摂取してしまいますその結果加齢臭が酷くなるのです。

仕事をしていると、打ち合わせなどでコーヒーを飲む機会が多くなりますが、出来るだけブラックコーヒーにしましょう。

 加齢臭に効果的な飲み物トップ3

緑茶

日本人に馴染み深い緑茶には抗酸化成分のカテキンが沢山入ってます。さらに緑茶には意外とビタミン類も豊富に含まれているのでオススメですね。また緑茶ほどでありませんが、ウーロン茶や紅茶にもカテキンが含まれているので良いとされています。ただし市販の甘い紅茶は砂糖が多く含まれていますので注意しましょう。

次に挙げられるのはトマトジュースです。トマトには抗酸化成分のリコピンというポリフェノールが入っており、リコピンは非常に抗酸化性の強い物質で、その強さはβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍とされています。自宅でトマトジュースを作れたら一番良いのですが、市販のものを購入する場合は出来るだけ添加物の入っていないものを選びましょう。

最後にオニオンスープです。オニオンスープに使われる玉ねぎには、抗酸化物質であるビタミンEやC、脂質の代謝を促進してくれるビタミンB6、そしてビタミンEやCの働きを助けてくれるパントテン酸が含まれています。まさに加齢臭の対策をするにはもってこいの飲み物ですね。体も温まるし良い飲み物だと思います。

今回は緑茶とトマトジュースとオニオンスープを紹介しましたが、抗酸化成分が豊富にある豆乳やそば茶なども効果的です。毎日少しずつ試せたらいいですよね。

Categories: 加齢臭

コメントを残す