原因を知って対策を!加齢臭に良い成分とは!?

加齢臭に悩まされている方はけっこう多いのではないでしょうか。働き盛りの男性は意外と気にされている方が多い様に感じます。 加齢臭の原因となる成分や加齢臭に良いとされている成分などをしっかり理解することによって加齢臭を改善していけますので、これから紹介していこうと思います。

 加齢臭の原因物質

臭い
加齢臭の原因となる成分は2-ノネナールという成分です。体内の脂肪や脂肪酸が酸化されることにより生成され、揮発性の不飽和アルデヒドである2-ノネナールへと変わります。2-ノネナールは臭いだけで人体に悪影響はありませんが、最近の研究ではノネナールが発生することは神経伝達機能の低下の程度を表す指標になるのではないかと言われています。

というのも、神経伝達物質は脂肪酸で出来ている為、脂肪酸が酸化劣化して出来るノネナールが増加するという事は神経伝達物質が酸化劣化している事と同じなのではないかと考えられるからです。加齢臭と神経伝達機能に関係があるとは驚きですね。

 加齢臭を低減する成分

風呂
加齢臭を改善する方法として主に2つの方法があります。まず生活習慣を見直す事が最も大切で、長期的に内面から改善する方法です。定期的に運動する事で体力をつけ、少し動いたくらいでは汗をかかなくする事と、代謝を上げる事で活性酸素を取り除くと、少しずつ確実に加齢臭を抑える事ができるでしょう。また、食生活でビタミンCやEなどの抗酸化成分を多く摂る様に心掛けましょう。
次に毎日しっかりお風呂に入り体をきれいに保つ事と、よく着替える事をオススメします。また衣服の洗濯もきちんと行いましょう。因みに重曹は脱臭効果もあり人体に影響がないので、洗剤と一緒に入れて洗濯すると非常に効果が高い様です。

加齢臭の原因物質のノネナールは酸性物質で重曹はアルカリ性を示すので、丁度中和されてきれいに臭いを落としてくれる様ですね。人体に悪影響がないという事が最も大切な事だと思います。毎日の洗濯に重曹を使ってみてはいかがでしょうか。

毎日の生活を見直して衣類や体を清潔に保つ事が、加齢臭を改善する上で非常に大きなポイントなのです。

Categories: 加齢臭

コメントを残す