タバコが原因で加齢臭が酷くなるってほんと?

近頃世の中では禁煙が叫ばれています。タバコには依存性の高いニコチンやタールが含まれており、これらの物質が肺がんや脳卒中、そして心筋梗塞などを引き起こす可能性が高い事は知ってる人も多いと思いますが、実は加齢臭とも密接な関係があるのです。

タバコの成分とは

タバコ
タバコには非常に多くの化学成分が含まれており、その数は実に4000種類以上!その中で現在人体に有害だと知られている物質は200種類ほどあり、発癌性が確認されている物質は50種類程度あると言われているのです。

ニコチンやタールはよく聞きますが、その他に毒薬として有名なヒ素、死体などの防腐剤に使用されるホルマリン、ガソリンに含まれるベンゼン、イタイイタイ病の原因であるカドミウムなど毒性の強い物質だらけ

ちょっと怖くなってしまいますね。これだけ色々な物質が含まれているので、加齢臭が酷くなってしまうのもうなずける気がしてしまいます。

加齢臭とタバコの関係

立ち入り禁止
上述した通り多くの物質が含まれているタバコ。加齢臭との関係はあるのでしょうか。実はタバコを吸うと体内にニコチンやタール、そして一酸化炭素が取り込まれます。これらの物質は脂肪を酸化させる特徴があるため、加齢臭の原因物質であるノネナールを生成しやすいのです。

また、タバコには体の酸化を防ぐビタミンを破壊する性質もあるので、いくら食生活を改善して抗酸化物質を摂取してもあまり効果が期待出来ない事があります。

従って、喫煙は抗酸化物質であるビタミンを破壊し酸化されやすい体質に変化させる事と、体内の脂肪を酸化させるので、ノネナールの生成を非常に効率よく行ってしまいます。

タバコの吸い過ぎには注意しましょうね。

タバコをやめるかやめないか。

禁煙

喫煙によりノネナールを生成する為、加齢臭の原因になります。しかし一方でタバコにはストレスを和らげるという効果がある事も事実です。禁煙する事でストレスがかかり、精神的に支障をきたすのであれば禁煙する意味がありません。

やめるかどうかはゆっくり考えて自分の体と相談すれば良いでしょう。

Categories: 加齢臭

コメントを残す